技術士合格の仕組み講座 トップページロゴ

トップ > メールマガジンアーカイブズ > 成功の“かきくけこ”理論とは

※本講座はリンク・引用・転載もフリーです(有料教材は除く)。ただし出典は明記してくださいね。。

『技術士合格の仕組み講座』メールマガジン登録フォーム

まぐまぐ!
メルマガ購読・解除
技術士 合格の仕組み講座
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

2009/08/13 成功の“かきくけこ”理論とは

こんにちは。

技術士二次試験の筆記試験も無事に終わりまして、
受験者の方は、久しぶりにほっとしたお休みをとられているかと存じます。

いままで、一生懸命に頑張ってこられたわけですから、
ご自分をコントロールする、という意味でも、
十分に癒してあげてください。

ほんの少し、このお盆休みのあいだは
次の口頭試験のことは忘れてしまうというのも、
悪くは無いでしょう。

しかし、かならず試験はまたやってきますから、
一休みした後は、またご自分を自分のコントロール下において、
もう一頑張りされることをご期待いたします。

さて、今回の配信は、
このような中で、
これまであまりにも具体的過ぎるテクニック論を述べてまいりましたので、
すこし趣向を変えてみたいと思います。

「成功の“かきくけこ”理論とは」
と題して、あなたが果たすべき成功とはいったいなんなのか?
それは単に技術士に合格することだけなのか?といった観点から、
ちょっと余計なお話をしてみたいと思います。

この合格の仕組み講座の目的というのは、
ホームページのトップページで詳しく書かせていただいているとおり、
当然のことながら、
あなたが技術士試験に合格すること、
になります。

しかし、実は、さらに大事な目的もあるのです。
この講座は、
他の技術士受験講座と異なって、
あなたの“技術士の合格”、
これだけが目的なのではありません。

実は、もう一つ、というよりも、
真の目的、というものが、それとは別にあるのです。

よく、
人は生まれた瞬間から、
死というものに向かって
一目散に駆け出している
ということを言われます。

翻って、これを今のあなたに適用してみると、
あなたに残されたリタイヤまでの残り時間は、
実は、意外なほど少ない、
ということになるのです。

あなたの最も大きな目的は、
周りの人も含めて、自分が幸せになること、
であるはずです。

その観点からすると、
技術士になること、
などというのは、
実は、
目的などというほどのものでも
なんでもありません。

このようなものは、
そのあなたの残り少ない人生を考えると、
目的などではなく、
あなたの成功のための単なる目標の一つにすぎない、
といえます。

さらにいうと、あなたは、
あなたの人生の中で最も時間密度の濃い時期にさしかかっていることを考えると、
たかが技術士の試験ほどのもので
何年も停滞してしまうような余裕はないはずなのです。

この講座は、
このような前提のもとで、
あなたの真の目的を達成するために、
単なる目標の一つに過ぎない技術士合格などというものに
無駄な労力と時間を掛けないために、
最小の努力で技術士試験に合格する合理的な方法を
わたしの経験の中からアドバイスさせていただくこと、
これを真の目的としているのです。

もっと言うと、
この合理的な方法というのも、
単に合格だけを目当てにするのではなく、
この“合格の仕組み”を実践するプロセスの中で、
技術的専門知識は無論、
それ以外にあなたがこれからビジネスマンとして生き残るために必要な財産を、
この技術士受験のプロセスの中で身につけていただくことを志向しています。

はるか昔、歌手の郷ひろみが、「ダディ」という自著の中で次のように述べていました。

『大切なことは、非難や中傷をおそれていてはなにも生まれないということだ。
人からどう思われようと、自分がこうときめてとった行動は、
それだけで価値あることなのだ。
それを、人の目を気にしすぎたために考えただけで行動に移せないでいるなんて、
こんなもったいなく、馬鹿げたことはないのだ。
なにか人とちがうことをすれば、そこにはかならず賛否両論が生まれる。
つまり、賛否両論があること自体、その行為は価値あることなのだ。
それを人にこう思われたらどうしよう、ああ言われたらどうしようなどと考えて、
せっかくの価値ある思考を埋没させてしまうのは愚の骨頂だ。
そう、成功していくということは、
ある意味で社会に喧嘩を売っていくのと同じなのだ。
つまり、非難や中傷というものは成功した証なのだ』

かっこいいですね〜。
そのとおりですね。
でも、私は別にこの『ダディ』を買って読んだわけではありません。
自己啓発の教材を様々買い揃えている中で、
とある尊敬する経営コンサルタントの方が引用されていたのをみて、
それ以降、私のこころにグサッとつきささったままなのが、この言葉なのです。

私自身、ホームページでも記したとおり、
これまでにいろいろな紆余曲折を経てきました。
成功体験よりも、失敗体験のほうが先で、
しかもかなり多かったような気がします。

あなたも、きっと多かれ少なかれ、
なんらかのつらい思いをされてきたでしょう。

私の場合、そのような紆余曲折の中で、
自分の現在、また自分の将来についての未充足感から
開放されることがありませんでした。。

それが一番苦しいことでした。

自分はいったい何をしたいんだろう・・・。
このままで、20年後、きちんと家族をやしなっていけるのだろうか・・・。
このままで、本当に死ぬときに満足した人生だったといえるのだろうか・・・。
死ぬときに、後悔しないのだろうか・・・。

あなたは、このようなことを考えたことがありますか。

そんな私が、
悩みに悩んだ挙句、
そのような苦悩のプロセスを抜けてたどり着いたのが
★悩んだら、まず自分が“どうせ死ぬんだ”という確実なことから考え直してみる
★人の意見いは惑わされず、自分の意見を大事にする
という心境だったのです。

何か設計するにしても、基準となる点から出発するように、
ものごとを考えて、悩んだときも、
あなたの人生の中で唯一確定している、
あなたがいずれ死ぬ、
ということから考え出すと、
意外なほど悩みが解消されていくのです。

どうせ死んでしまうのだから、
自分自身が満足するような価値観を自分で決めて、
それにしたがって生きていこうと・・・。

つまり、これまでわが身をしばりつけていた常識とか、
組織の価値観にはとらわれないで、
自分の思うままに生きてみようと。
そういう心になれるのです。

仮に、それが組織、すなわち私の職場の常識と違っていたとしても、
その違いの本質について理解が及ぶ上に、
何の気後れもなく、
独自の思考の道をどんどん歩み始めていけるのです。
人との違い、ということに
迷いを抱かなくなるのです。

それが、他人から見ると、自信に満ちた、
きわめてダイナミックな行動に映るのです。

私は、この郷ひろみの言葉を踏まえて、次のように考えています。
自分の値打ちを高めたければ、
 か:「あれがダメ」な理由を“考え”
 き:「これが原因なんだ!」と“気づき”
 く:「これならイケル!」という策を“工夫”し
 け:「だからボクはこれをヤル!」と“決断”し
 こ:さらにホントに“行動”しちゃう・・・
これを実践することで、はじめて自分を変えることができる、と。

行動を伴わない思考は、
いかに優れたものでも、何ら、価値は無いのです。
思考を行動にまで昇華させるためには、
決断が必要であり、
その決断を促すための工夫と、
そもそもの気付き、というものが欠かせないのです。

もしあなたが、
この
『成功のかきくけこ理論』
を実践しようとするなら、その際、
郷ひろみのいうとおり、
人がどう思うかなんて、一切気にする必要はありません。
というよりも、気にならなくなります。
人の意見よりも、自分の意見のほうが信頼できるように感じることになります。
すなわち、自信をもつことができるようになるのです。

これを体得することができれば、
人間として確実に一皮むくことができます。

普段の景色が、全く違うもののように見えてくることになるのです。
あなたが驚くほど。

これではじめて、あなたが、
自分の人生を、組織ではなく、
自分の意思でコントロールできるようになるのです。
そうすると、驚くほど自分の価値観が変化していきます。

1週間前までのあなたいかに愚かだったか、
ということに気づき、驚愕することになります。

さあ、実践していきましょう。
あなたを成功に導く「かきくけこ」理論を。

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

トップへ戻る  メールマガジンアーカイブズへ戻る