技術士合格の仕組み講座 トップページロゴ

トップ > メールマガジンアーカイブズ > 今年あなたが技術士になるために必要な、あるコト

※本講座はリンク・引用・転載もフリーです(有料教材は除く)。ただし出典は明記してくださいね。。

『技術士合格の仕組み講座』メールマガジン登録フォーム

まぐまぐ!
メルマガ購読・解除
技術士 合格の仕組み講座
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

2011/01/19 今年あなたが技術士になるために必要な、あるコト

こんにちは。

今年も、
4月には技術士二次試験の受験申し込みがスタートして、
8月には、筆記試験が行われます。

その後、11月に技術的体験論文、
そして12月に口頭試験となりますが、
まずは、8月の筆記試験が、
あなたの学習のターゲットとなるでしょう。

この技術士試験、
あなたもご存知のとおり、
例年、数多くの受験者が挑むのですが、
合格するのは、ごくわずか。
平成21年度で16%と、
非常に狭き門となっています。

ちなみに、
現在の司法試験は、合格率25%、
医師国家試験に至っては、
合格率は80%以上にも達します。

これだけみても、技術士試験は、
いかに合格するのが楽ではないのか、
ということがお分かりいただけると思います。

そんな技術士試験ですが、
あなたはそれにぜひ合格したいと願っているのだと思います。

では、そんなあなたが、
今年技術士になるために必要なことがあるとすると、
それはいったい何だと思うでしょうか。


それは、

時間。




・・・ではありません。


たとえ三ヵ年計画を立てたとしても、
むしろそれを継続することが一苦労です。
いたずらに時間をかければ合格に近づくというものでは決してありません。



だから、時間ではなく、
あなたが、今年技術士になるために必要なこと、


それは、



運と、技術者としての実力。




・・・などでもありません。


私は、ホームページでも述べているとおり、
もともとの出自が理系ではありませんし、
理系技術者としてのセンスは、
いまだにあるとも思いません。

なのに、技術士には、総合技術監理部門も含めて、
一発で合格し続けています。

だから、実力では、ありません。
運などでも、ありません。




では、いったい何なのか。



今年技術士になるために必要なこと。



それは・・・、




ズバリ、





『今年技術士に合格する』と、
決めてしまうことです。



決めてしまう、と言われても、
あなたは、
拍子抜けしたような感じがするかもしれませんが、
これが、一番必要なことです。

『今年技術士に合格する』
と、決めてしまうことです。

そして、そうなると、思い込んでしまうことです。

誤解を恐れずに言うと、
“きっと合格するだろう”
と、意図的に勘違いすることです。


理屈は、またお話することがあるでしょう。
だから、今回は理屈を深堀りするのはやめましょう。


勘違いするということは、
お金がかかるわけではありません。
むしろ心弾むことですから、
毎日が楽しくなります。

そのように、害悪がある勘違いではありませんので、
ぜひ、あなたも勘違いにトライしてみてください。


このように、
あなた自身を操作して、
いわば気分を“乗せて”行くことが、
万事にわたり、大事なのですから。

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

トップへ戻る  メールマガジンアーカイブズへ戻る