技術士合格の仕組み講座 トップページロゴ

トップ > メールマガジンアーカイブズ > 体験論文&口頭試験対策は,スケジュールの作成から

※本講座はリンク・引用・転載もフリーです(有料教材は除く)。ただし出典は明記してくださいね。。

『技術士合格の仕組み講座』メールマガジン登録フォーム

まぐまぐ!
メルマガ購読・解除
技術士 合格の仕組み講座
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

2011/09/02 体験論文&口頭試験対策は,スケジュールの作成から

技術士二次試験の筆記試験が終了してはや一ヶ月が経とうとしています。

技術士を目指すあなたは,今後,
この次に待ち受ける技術的体験論文の作成,
そして口頭試験の対策。

これに注力していく必要があります。

この技術的体験論文および口頭試験は,
いずれも筆記試験合格者のみが対象になりますが,
平成23年度の場合,10月28日金曜日から11月7日月曜日までの
11日間となっています。
提出方法は,直接技術士会に持参するか郵送かの
どちらかとされています。
そして,口頭試験は
12月上旬から1月中旬に予定されています。

したがって,
まずは技術的体験論文提出と口頭試験までの
スケジュールを立てましょう。

技術士二次試験合格のために
あなたが今後やるべきことは,
この技術的体験論文の作成と,
口頭試験対策に他なりません。

これらの作業には
あと三ヶ月程度の時間しかありません。

あなたの持ち時間をうまくやり繰りして,
この二つの対策を進めましょう。

そのためには,計画は欠かせません。


このうち,技術的体験論文については,
まずそのポイントを理解した上で,
あなた自身で書き上げてみることが大切です。

このとき,あまり完成度を気にする必要はありません。

最初は,論文中に盛り込むべきエッセンスだけを
意識していればいいでしょう。

あとは磨き上げていくだけの作業になりますから。

なお,この技術的体験論文については,
拙著『聴く!技術士二次試験論文のツボ』に,
具体的な取り組み方を記載しておきました。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3190-4.htm

また,総合技術監理部門については,
基本的に論文の書き方自体は
その他の技術部門と変わりはしませんが,
部門が違うわけですから,
やはりポイントも異なります。

この総合技術監理部門としての重要ポイントについては,
『総合技術監理部門 技術的体験論文攻略法』
にまとめています。
http://gijutsushi-jiritsu.com/sokantaikenronbunkouryakuhou.html

やるべき学習の方向性がわからない,
という状況になったらご参照ください。


また,口頭試験の対策については,
最初から難しく考える必要はまったくありません。

緊張はつきものです。
緊張せずに口頭試験を受けることは至難の業でしょう。

どうせ緊張するのですから,
しかもそれは受験者全員に共通する宿命なのですから,
それを必要以上に恐れることはありません。

緊張するものだ,と,あなたの心のうちに織り込んでおけば,
それで十分なのです。

そのように想定しておくだけで,
アガって失敗する程度は大幅に改善されるでしょう。

ただし,この今の時期なら,
せっかくまだ時間があるわけですから,
そのアガる程度を極力押さえるために,
なるべくたくさんの準備をしておくに越したことはありません。

その具体的な準備方法については,
今後また本メルマガでもご紹介してまいりますが,
『はじめての口頭試験対策講座』
『総合技術監理部門 総監口頭試験対策法』に,
具体的な対処法をまとめています。
http://gijutsushi-jiritsu.com/hajimetenokotoshikentaisakukoza.html
http://gijutsushi-jiritsu.com/sokankotoshikentaisakuhou.html


なるべく準備万端で望みたいという場合に,ご参照ください。



(ここから先は,あなたの筆記試験の出来があまりよくなくて,“来年でいいや”と考えている場合にお読みください)

・・・ところで,
技術的体験論文も口頭試験も
いずれも筆記試験合格者が対象になるということですので,
あなたが,
不運にも筆記試験の出来が悪かった場合,
そんな対策を進めていく気分には
なかなかなれないかもしれません・・・。

そして,合格のために考えるべきことを考えず,
とるべき行動をとらずに,
合格発表を迎える,
ということになってしまうのかもしれません。

もしかしたら,既に
あなたの手ごたえのなさをもって
試験をナゲてしまっている状況かもしれません。

また来年がんばればいいや・・・

不運にもそう思われているかもしれません。

しかし・・・
そのような状況であっても,
あなたが技術士になりたいという目標はなんら変わりません。

目標に向かって全力を尽くす。
これは非常に尊い行為です。

本当に尊い行為です。

あなたが技術士試験に係る時間を有意義に過ごすか,
無為に過ごすかは,
全力を尽くせるかどうか,という
この一点にある,といってもいいでしょう。

このことを踏まえて,
改めてナゲてしまっているあなたの状況を
眺めてみてください。

今のような,
望みが一旦絶たれた状況のあなたの振る舞いにこそ,
あなたの“真価”が問われているのだと感じませんか?

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

トップへ戻る  メールマガジンアーカイブズへ戻る