技術士合格の仕組み講座 トップページロゴ

トップ > メールマガジンアーカイブズ > 「模擬口頭試験」の効果を100倍にする方法

※本講座はリンク・引用・転載もフリーです(有料教材は除く)。ただし出典は明記してくださいね。。

『技術士合格の仕組み講座』メールマガジン登録フォーム

まぐまぐ!
メルマガ購読・解除
技術士 合格の仕組み講座
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

2011/11/20 「模擬口頭試験」の効果を100倍にする方法

いよいよ技術士試験のラストを飾る
口頭試験の季節が迫ってまいりました。

筆記試験に合格された方は、来年、
また今年と同じような
苦しい思いをしなくてすむよう、
これからの口頭試験対策に邁進されることを
ご期待申し上げます。

前回、この口頭試験について、

受験者全員が感じる緊張感は
相殺されるという点で
たいしたハンディキャップにはならない。
逆にそのような緊張感をすこしでも和らげることができるなら、
それは果てしなく大きなアドバンテージになる

ということをお話いたしました。そして、

次回、その具体的な不安解消法をいくつかご説明する
と申し上げました。

ということで、今回からはごく簡単に、
不安解消法のうちいくつかの具体的な方法を
ご案内したいと思います。

ただし、本講座で繰り返し申し上げているとおり、
あまりまじめに進路を考えていない人に
試験合格のテクニックのひとつとして利用されてしまうのは
わたしの本意ではありません。

また、そのノウハウのすべてを教材としてご提供していることもあって、
ここではごく簡単な説明にとどめさせていただきたいと思います。


では、まず一つ目の不安解消法から。

それは、模擬試験。

といっても、あなたが思っているような
いわゆる模擬試験ではありません。

あなたはきっと、
業者が主催する有料の模擬試験のようなものをイメージされたかもしれませんが、
そうではありません。

本講座でお薦めするのは、
あなた自身があなた自身に対して行う
模擬試験です。

そう。
自分で設問を考えて、
そして自分で実際の試験のシチュエーションを設定して、
さらに自分で実際に回答する・・・

それだけではありません。

しかもそれを録音して、
自分で評価してみる。

これが、本講座が推奨する「模擬試験」です。

この模擬試験のミソは、

自分で自分に対して自分が一番イヤな質問をすることができる、

ということと、さらに

その自分の狼狽ぶりを自分で後で確認することができる、

という点です。

これをするだけで、
模擬試験の効果が10倍になるのです。

『聴く!技術士二次試験論文のツボ』という本の中でも
筆記試験について同じことを述べているのですが、

本番の試験前に一度、どん底に落ちておく、

ということが、
とても大切な行いなのです。

口頭試験でも、

いかに自分が答えられないか、

そして、

リアルな自分がいかに恥ずかしい姿を晒しているか

という現実を、
歯を食いしばって直視する。

これをやることができれば、
きっとあなたは合格することができるでしょう。
やる事さえできれば。

これも、繰り返し申し上げているとおり、
あなたが
やるか、やらないか、です。


あなた自身、リアルな自分を見る機会は
あまりなかったと思います。

自分自身で感じている自分と、
周りの人が感じる自分が、
まったくちがうんだ

このことに気がつくことができたのなら、
たとえ口頭試験に落ちたとしても、
今後、あなたの大きな財産になることは
まちがいありません。

そうなると、模擬試験の効果は、
10×10の100倍にもなるでしょう。。。

それもひとえに、あなたが
「やる」か、「やらない」か、です・・・。


今回は、このあたりにしておきましょう。

次回、口頭試験直前に、
もうすこしだけ具体的な口頭試験対策をお伝えいたしましょう。

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

トップへ戻る  メールマガジンアーカイブズへ戻る