技術士合格の仕組み講座 トップページロゴ

トップ > メールマガジンアーカイブズ > 口頭試験対策は“赤面法”でレベルアップ

※本講座はリンク・引用・転載もフリーです(有料教材は除く)。ただし出典は明記してくださいね。。

『技術士合格の仕組み講座』メールマガジン登録フォーム

まぐまぐ!
メルマガ購読・解除
技術士 合格の仕組み講座
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

2012/11/08 口頭試験対策は“赤面法”でレベルアップ


いよいよ口頭試験が始まります。

技術士試験の最終章であるこの口頭試験ですが、この夏にあなたが受けた筆記試験とはまったく雰囲気が異なります。

筆記試験の場合は一定の試験時間が与えられますので、思い出したり、じっくり考えたりということが可能なのですが、口頭試験の場合は即答が求められるので、それらが不可能です。

即答ということは、瞬時にあなたの経験、考えなどをあなたの頭脳からダウンロードしなくてはならないのですから、ガチガチの緊張状態にあってはなかなか思うとおりの受け答えができなくなってしまいます。

したがって、あなたが来年、また同じ努力を繰り返さなくてすむように、効果的な口頭試験対策をお伝えいたします。

まず今回お伝えするのは、口頭試験対策で一番大切なことで、それは、何といっても模擬試験を行うことです。

模擬試験といっても、誰かに頼み込んで無理やり試験官役をやってもらうようなことは必要ありません。

もっとも、それが可能なら頼むに越したことはありませんが、自作自演でも、十分な効果が期待できます。

あなた自身が、自分で質問を考えて、それらに自分で答えてみるのです。

このとき、なるべく実際の試験とおなじ条件で行うことが望ましいでしょう。

試験時間、あなたの姿勢、身なりなど、なるべく本番を意識して、それに近い条件の中でやれば、より効果的でしょう。

そして、できれば録音をして、あなた自身の受け答えを客観的に観察することをお薦めします。

録音を再生すると、“あぁ、こんなみっともない回答してるんだ・・・”と、あなたは赤面してしまうかもしれません。

しかし、実はその赤面こそが合格への近道なのです。

恥をかいたがゆえに、その次に模擬口頭試験にトライしたときには、あなたの回答は、人前に晒すという点で、確実に、格段に、レベルアップしているでしょう。

しかも、この“赤面法”、効果は確実だけれども恥ずかしい思いもするために、実際にこれを行う受験者は、ごくごく少数です。

ですから、あなたが赤面法を実践すれば、繰り返せば繰り返すほど、グングン合格の可能性が色濃くなっていきます。

そのように何度も何度もこの赤面法を実践すれば、模範解答として当初あなたが用意していたアンチョコも、あなたのアタマの中に自然に焼きついてしまいます。

なので、最後は、その模範解答を手放してしまいましょう。

試験直前になっても想定問答集を眺めているということは、すなわち準備不足を意味します。

赤面法を本当に実践したあなたは、頭の中にアンチョコが格納されているのですから、誰よりも自信をもって試験本番に臨めるはずです。

最高の準備を尽くすことが、最高の結果を獲得する最高の手段なのです。

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

トップへ戻る  メールマガジンアーカイブズへ戻る