技術士合格の仕組み講座 トップページロゴ

トップ > メールマガジンアーカイブズ > 不可能なコトのひとつやふたつ・・・

※本講座はリンク・引用・転載もフリーです(有料教材は除く)。ただし出典は明記してくださいね。。

『技術士合格の仕組み講座』メールマガジン登録フォーム

まぐまぐ!
メルマガ購読・解除
技術士 合格の仕組み講座
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

2014/05/11 不可能なコトのひとつやふたつ・・・


ゴールデンウィークが終わると、いよいよ夏の二次試験が迫ってきた、という雰囲気を迎えますね。
そんな晩春、初夏を過ごす受験者の中には、しっかりと合格の光を見据えながら邁進していける人もいれば、「ああ、今年もやっぱりダメそうだな・・・」などと諦めに走ってしまう人もいるでしょう。
まさかまさか、あなたに限って諦めるなどということはないでしょうが・・・。
一度諦めに走ってしまうと、次のチャンスが到来しても、また少しの障害の発生をもって全体を悲観してしまいやすくなります。
したがって、「なんだか学習成果が出ないなあ・・・」などと思い込んで、そのまま今年の合格を悲観してしまうようでは、今年どころか、来年も、再来年も、おそらく合格はできません。
ちょっとやそっとのことで諦める癖をつけてしまうと、ついつい、その癖に逃げ込んでしまうことになるからです。
来年も、再来年も、あなたの合格を妨げようとする何かは必ず起こります。
間違いなく、起こります。
未来の道は、あなたが思っているほど、都合よくひかれてはいません。
未来とは、決して、甘く幻想的なものではないのです。
未来の道とは、曲がりくねり、上り下りの激しいでこぼこの道が、細々と、あなたの足元から先へひかれているだけなのです。
躓いたり、ぬかるみに足元を取られたり、決して計算の立つ道ではありません。
しかも、あなたの視界の果ての道は、続いているのかどうかですら、定かではありません。
続いていなければ、そこから先は、自ら切り開いていくしか先へ進む方法はないのです。
ですから、あなたが本気で合格しよう、と思っているのなら、ターゲットはあくまで、今年です。
未来に対する甘い期待は、禁物です。
あなたが今年合格するためには、「不可能なコトのひとつやふたつは可能にしてやる!」という大前提でいなければなりません。
不可能を可能に、などというと、そんなことはできないよ、といわれそうですが。。。
不可能というのは、不可能だと思い込んでいる、ということと同じなのです。
工夫と知恵でいくらでも可能できるのです。
太古の昔から、人間は、不可能を可能にし続けて、そして現在があるのです。
人間は空を飛ぶことはできませんが、プロペラを翼に添えることで、空を飛ぶことを可能したのです。
不可能を可能にした後振り返ると、決して不可能なことではなかったことに気づきます。
それはただ、可能にする方法がわからなかっただけだったと。
ですから、苦境から逃げず、あなたがファイティングポーズをとり続けることができれば、不可能なコトのひとつやふたつくらいは、必ず可能にすることができます。
そして、ひとつやふたつ、そんな場面を乗り越えることができれば、“不可能を可能にできる自分”という、計り知れないほどの値打ちのある矜持があなたの中に芽生えてくるのです。
大切なのは、ファイティングポーズをとり続けることです。
どんなに忙しく、苦しく、先が見えなくても、あなたがファイティングポーズをとることさえできれば、いつか、いつかは、きっと今の苦境を脱することができるはずなのです。
ファイティングポーズをとり続けることです。

でも、“ファイティングポーズをとる”といっても、具体的にはどうすればいいのか・・・?
そう、思うかもしれませんね。
いいえ、いいえ。
決して、難しいことではありません。
誰にでもできる、ごくカンタンなことです。
それは、

その具体的な方法は・・・

毎朝、通勤途中、両腕を曲げて、拳を握ってボクサーよろしく本気のファイティングポーズをとるだけ。

毎日毎朝、これを一瞬やるだけで、あなたの気持ちは、戦闘モードにギュ〜ンとギアチェンジするのです。

ただ、このファイティングポーズをとる際、ひとつだけ、大切な、とっても大切な注意点が。

 

それは・・・

 

もちろん、周りの人に気づかれないように、ということ。
何事か!?とビックリさせちゃうので。

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

トップへ戻る  メールマガジンアーカイブズへ戻る