技術士合格の仕組み講座 トップページロゴ

トップ > メールマガジンアーカイブズ > 技術士二次試験 記述式問題対策の勘所

※本講座はリンク・引用・転載もフリーです(有料教材は除く)。ただし出典は明記してくださいね。。

『技術士合格の仕組み講座』メールマガジン登録フォーム

まぐまぐ!
メルマガ購読・解除
技術士 合格の仕組み講座
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

2014/07/26 技術士二次試験 記述式問題対策の勘所


暑い夏がやってきました。
来週、8月2日の土曜日が総合技術監理部門、そして翌3日がその他の技術部門の二次筆記試験ですね。
この技術士二次試験といえば、その代名詞はかつて技術的体験論文でしたが、いまは記述式問題がその役割を担っているといえるでしょう。
実際、この記述式問題の出来栄えはあなたの合否に大きな影響を及ぼします。
択一式などと違って対策が難しい面があるので、記述式問題には受験者間の実力違いが如術にあらわれてしまうのです。
したがって、大切な記述式問題への対応は、慎重の上にも慎重に進めたいところです。
もちろんあなたは大丈夫でしょうが、中にはこれまで知識の習得に時間をとられて、十分な対策が積めなかった受験者の方がいるかもしれませんね。
しかし・・・、実は・・・この記述式問題への対応としてちょっとしたコツを知っておくことで、答案の出来栄えを大きく変えることは可能なのです。
そこで、試験直前のあなたに確認の意味で、そのコツについてアドバイス申し上げることにしましょう。
結論からいうと、『構成』をきちんと整えてから答案文を記述するということです。
一言で言うとたったそれだけのことなのですが、これを意識するかしないかで、答案はまったく別次元のものになってしまう怖さがあります。
一番残念な答案は、自分では一生懸命に「書けた!」つもりでも実は採点者にはまったく理解されない、「独りよがり」な答案です。
本人は十分な手ごたえを感じていながら、試験結果がその手ごたえと一致していない場合というのは、そのほとんどが「独りよがり」な答案に陥ってしまっていたというケースなのでしょう。
答案に対する評価は、あなたがするものではありません。
採点者がするものです。
あなたには採点の権利がないのですから、あなたができることというのは、あなたの答案があなたの意図したとおりに採点者に伝わるよう一生懸命配慮することなのです。
一生懸命になるポイントを履き違えないように注意しましょう。
そして、伝わるようにする配慮とは、いったい何なのか。
それが、『構成』です。
『構成』の具体的なところについてはこれまで本メルマガやサイト、書籍など説明していますので割愛しますが、相手にわかってもらう配慮のあるなし、これは、構成のあるなしとイコールの関係にあるので、注意が必要です。
焦る気持ちに急かされて書きたいことを思うがままにダーっと書き綴っていくのではなく、落ち着いて、相手が読みやすいかどうかという観点からこれから書こうと思っている事柄の『構成』を考える。
答案作成において、必須のプロセスです。
小説にしてもドラマにしても、漫才にしても落語にしても、保険の営業トークにしても、議員さんの選挙演説にしても・・・何にしてもカンにしても、相手の理解を得るためには、『構成』というものを無視する訳にはいきません。
『構成』を無視していたら、望んでいる結果は決して得られません。
焦らず、落ち着いて、『構成』というひと手間を加える配慮があるかどうか。
誰でも出来る簡単なこのひと手間こそが、実は、記述式問題対策の勘所なのです。

技術士二次試験 教材一覧はこちらをクリック

総合技術監理部門 教材一覧はこちらをクリック

トップへ戻る  メールマガジンアーカイブズへ戻る